【定年間近】信州に移住しカフェ開業を|61歳・奈良県

      2017/02/22

退職後は信州の森で暮らしその中でカフェを開くこと。妻に相談し、自分に合ったスクールを探しました。気がかりだったのは年齢でしたが説明会で不安はなくなりました。

雑貨カフェクリエイター<週1回・3ヶ月>コース  

森田さん(61歳・奈良県)

 

退職後の夢として信州の森で暮らし、自分の庭に「紅葉する森」を作りたいと考えていて、たくさんの紅葉する木を植えてきました。(山もみじ、山桜、やまぼうし、レンゲツツジ、しもつけ、山アジサイなど50本以上)

紅葉の艶やかな森だけでなく雪の白い森、新緑の淡い緑の森などふだん見ることのない様々な森の顔…。「この庭をいろいろな人に見てもらいたい」と思うようになり、そんななかでカフェでもできないかと考えるようになりました。

妻に相談するとまずはしっかり勉強してから考えてみたらと言われ、そこでインターネットで自分に合うスクールはないかと探しました。いろいろなスクールから資料をいただき、そんな中、日本雑貨カフェクリエイター協会がいちばん自分に適しているのではないかと思い、電話をしてスタッフさんと話をさせていただいて「ここに決めた!」となりました。

ただいちばん気がかりだったのは私の年齢で、実際62才になり、そのあたりの心配をスタッフさんはスッキリさせてくれました。

 

また、奈良から名古屋まで毎週土曜日に休まずに行けるのかな?という心配はありました。それは講義を聞くことで解消されていきました。岡村先生の熱心な講義。

自分の苦労した事を伝えたい、もっている引き出しを全てみんなに教えたいという思いがひしひしと伝わり毎週土曜日は当たり前のように名古屋に向かいました。今、土曜日に名古屋に行けないのが寂しいくらいです。

美味しいコーヒーの淹れ方、効率を考えた商品開発、キーマカレーやパンナコッタなどのカフェメニューを作るなどの実習、立地や経営に関わる勉強など本当に細かく教えていただきました。また、岡村先生自身の経験からの課題解決方法などの講義はまさに目から鱗の話でした。

卒業してからはいろいろなカフェやイタリア料理店に行き、それぞれの店の特徴や欠点を自分なりに考えることや教えてもらったファサードなどの確認をしたりして勉強しています。

実際、店のオープンにたどり着けるかわかりませんが、ここでの学習、一緒に受講した仲間、そして岡村先生、スタッフさんと過ごした3ヶ月は中身の濃い、いままでの人生で経験したことのない素晴らしい時間でした。

 

この年齢ですが、これからの人生に必ず活きてくる経験が出来ました。いろいろ本当にありがとうございました。

 

umemurasan

 - 50代・60代, 卒業生さまレポート , ,