【卒業生さまレポート】漠然とした理想を少しでも現実に|40代・東京都

      2017/03/07

雑貨カフェクリエイター<短期集中>コース  

鈴木 聡子さん(40歳・東京都)

経営ノウハウを学ぶことでこの漠然とした理想をすこしでも現実に近づけたい。そして、夢の実現へと一歩踏み出す覚悟が自分にあるかどうかを見極める狙いもありました。

 

あわただしく変化しつづける街の風景の中でいつも変わらずそこにある、たとえばクラシック音楽や伝統工芸のように時代を超えて愛される、そんな小さな喫茶店・・・・いつか自分の店をもち、そんな喫茶店へと育てていきたい。思い描く理想ばかりが高いその一方で、今日の喫茶店業界の厳しい現実を考えると、やはり喫茶店経営という夢の実現は遠いもののように思われました。ましてや時代に流されることなく何十年と生きつづける喫茶店など言うまでもありません。

このスクールでの受講を決めたのは、経営ノウハウを学ぶことでこの漠然とした理想を少しでも現実に近づけたい、という思いからでした。そして、夢の実現へと一歩踏み出す覚悟が自分にあるかどうかを見極める狙いもありました。

はじめは迷いもありましたが、岡村先生の熱意ある講義を受けているうちに、少しずつ前向きな気持ちが芽生えてきました。

先生が実際に携わったショップを例に挙げての講義はとてもわかりやすく、深くうなずけるものばかりでした。なかでも大切なのは、売れるしくみを考えるということ。そして、何度も通いたくなる名店には必ず、看板・メニュー・ディスプレイほか、店の隅々にまで売れるしくみがちりばめられているということを知りました。さらには、接客の基本やカフェメニューの研究など、飲食店での勤務経験のない私ですが、それを補ってなお余りある充実した授業内容のおかげで、いつしか不安が心強さに変わっていました。

数々の人気店を手掛けてこられた先生の言葉にはどれも説得力があり、失敗しない経営のためのヒントがたくさん詰まっていました。そこには人間の心理を的確に捉えたプロの視点があり、先生がこれまで培ってこられた経験とセンスの確かさに、ただ驚かされました。

7日間という束の間でしたが、とても意味深いものとなりました。あとはこのスクールで学んだひとつひとつのことを胸に刻み、前へと進むだけです。つねに誠意ある講義をしてくださった岡村先生、本当にありがとうございました!

 

卒業生レポート女性

 

 

 

 - 40代, 卒業生さまレポート ,